ホーム>>変形性膝関節症

福岡市早良区の変形性膝関節症整体院

変形性膝関節症による痛みを何とかしたいあなたへ

このような膝痛のお悩みを感じていませんか?

膝痛のお悩みチェックボックス


膝の痛みで整形外科へ行き、MRI検査の結果

『痛みの原因は軟骨がすり減っているからだ!』と診断された

変形性膝関節症の手術をしようか迷っている』

『病院で年のせいだからと言われたので諦めている』

そのような方も多いのではないでしょうか。

このページをご覧になっているあなたが、もし変形性膝関節症の手術を受けようか迷っているようでしたら、ちょっとお待ちください!

変形性膝関節症の改善とは、損傷した軟骨を修復するという意味ではありません。関節の歪みやズレを正しく整えることで膝の痛みの改善ができる可能性があります。

当院は、福岡市早良区で慢性膝痛の整体に特化した膝専門の整体院です。

もし、似たような経緯で悩んでいたのでしたらこのまま読み進めば、きっと答えが見つかります。

あきら整体院は最後まで全力サポートします

あきら整体院 院長 二川 章

柔道整復師(国家資格)


変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは?ひざの関節を形成している骨や軟骨が、さまざまな要因により、すり減ったり、欠けたり、形が変わったりして、それが元で膝の痛みや動きの制限といった障害が見られる病気です。

すり減った骨のかけらが周囲の組織を刺激して炎症をおこすと痛みが発生します。また、刺激によって関節内にある関節液という液体が過剰に分泌され、膝に水がたまると、膝がだるいといった不快感をおぼえます。

明らかな原因のない『一次性関節症』とケガや炎症等の後に生じる『二次性関節症』に分けられます。90%以上は一次性関節症です。

50歳代以上の男女(特に女性に多く)、40歳代から徐々に増加します。60歳代の女性の約40%、70歳代の女性の約70%がこの病気にかかっていると言われています。

初期の変形性膝関節症
軽度の関節軟骨の磨耗が生じますが自覚的な症状はほとんどありません。

軟骨の磨耗がある程度すすむと(中期)、膝の曲げ伸ばしや立ち上がり、歩行時の膝にかかる負担の増加および軟骨、半月板の変性による刺激により関節炎が生じます。

関節炎では、膝を曲げ伸ばししたときの痛み(動作時痛)や曲げ伸ばしの制限(可動域制限:かどういきせいげん)が生じます。また、関節液が多量に分泌されて関節に「みず」がたまること(関節水腫:かんせつすいしゅ)もありますが、関節内のヒアルロン酸は逆に減少します。

進行期の変形性膝関節症
軟骨の磨耗がさらに進み関節の土台の骨(軟骨下骨:なんこつかこつ)が露出したり骨棘(こつきょく)といった骨そのものの変形が生じたりします。

この状態では、膝を動かしたり立って歩いたりするたびに硬い骨同士が直接ぶつかり合うため強い痛みを生じ、曲げ伸ばしの制限も高度となり日常生活において大きな障害となります。

初めは膝がこわばるような軽い不快感や違和感から始まり、次第に痛みが増していくのが変形性膝関節症の特徴です。



一般的に考えられる変形性膝関節症の原因

チェック加齢

年齢を重ねることで、膝への負担が蓄積し、軟骨が少しずつ擦り減っていきます。

チェック太ももの筋力低下

運動不足や加齢が重なると大腿四頭筋が弱くなり、膝への負荷が大きくなります

チェック膝への外力

無理な運動や長時間のウォーキングなどで膝に大きな負担(外力)が加わります。このような運動を続けると、膝に繰り返し外力が加わり、軟骨が擦り減りやすくなります。

チェック肥満

膝は何もせずに立っているだけでも、片膝には体重の1.1倍、平地を歩くと2.6倍、階段の上り下りでは3.5倍という大きな負担がかかり、膝の痛みにつながります。

人それぞれ膝の痛みの原因は異なります。

変形膝関節症は初期の段階で、あなたの症状にあった適切な施術を受けることで早期の改善が可能です。



一般的な膝の痛みへのアプローチ

チェックサポーター

チェック病院や接骨院でおこなう電気治療

チェックマッサージ、指圧

チェック湿布、痛み止め、消炎鎮痛剤

チェックヒアルロン酸注射

チェック太ももを鍛える筋トレ

初期の症状や痛みの軽いものならばこの施術方法で改善するかもしれませんが、これでは根本からの解決にはなりません。

もし現在通われている整形外科や整骨院での方法で、結果が出ていないのであれば、あきら膝痛整体院へご相談ください。



変形性膝関節症になったとき気を付けたい日常の動き

階段の上り下り

階段の上り方

階段を上がるポイント

膝の痛みの少ないほうの足から1段上り、
痛みのある足をそろえる。


階段の下り方

階段を下りるポイント

膝の痛みのある足から1段下り、
痛みの少ないほうの足をそろえる。



椅子からの立ち方・座り方

立ち方

立ち方

座り方

座り方



O脚タイプ

膝の外旋

膝の外旋文章



X脚タイプ

膝の内旋

膝の内旋文章


変形性膝関節症を予防する運動

変形性膝関節症の予防に効果のある運動をご紹介します。

1.脚上げ運動

膝痛整体院、脚上げ運動

膝痛整体院、脚上げ運動


膝痛整体院、脚上げ運動

膝痛整体院、脚上げ運動



2.横上げ運動

膝痛整体院、横上げ運動

膝痛整体院、横上げ運動


横上げ運動

横上げ運動



3.ボール運動

ボール運動

ボール運動

膝のお皿ストレッチ

続けることで膝周辺の筋肉を活性化させ膝の痛みを軽減させてくれる運動ではありますが、長年の慢性化した変形性膝関節症を自力で改善するのは中々難しいものです。

関節の歪みが原因であったり腰からくる痛みであったり、筋肉の拘縮や癒着がひどい方は上記の運動だけでは十分ではありません。それらすべての原因を取り除いていくことで、変形性膝関節症が改善していきます。

ここでご紹介した運動はあくまでも膝の痛みが比較的楽な方が行える運動です。

まずは自分で運動が出来る状態までもっていく事が大切です。痛みが強く自分で運動ができない状態であればあなたの膝痛はますます悪化していく可能性があります。

痛みを感じたら早めの行動を!

変形性膝関節症でお困りの場合は福岡市の膝痛専門院へお電話ください。

初めての方はこちらをご覧ください
あきら整体院のことがもっとわかります!

福岡市の膝痛整体院

福岡市の膝痛整体院


ご予約は今すぐ番号⇩をクリック(携帯・スマートフォンの方)

電話

(完全予約制です。)

本気で変形性膝関節症を改善したい方は、お越しください

変形性膝関節症で悩んでいる多くの方々に当整体院の施術を受けて頂きたい!

しかし残念ですが、次のような方は当整体院の施術が満足できないかもしれません。

膝痛のおススメ



当整体院の方針をご理解頂いた上で、その場しのぎの気持ちの良い施術ではなく

ご来院を歓迎

というお気持ちの方であれば、当整体院で必ず、改善ができるでしょう。どんな小さな悩みでも遠慮なくご相談ください!

あきら膝痛整体院は、本気で慢性症状の回復を望むあなたと真剣に向き合っていきます。


変形性膝痛整体の3つの道①

変形性膝痛整体院3つの道②

変形性膝関節症料金について

変形性膝関節症初回特典

なぜ初回特典があるのか?



福岡市の重症膝痛 予約①

多くの変形性膝痛を解決


福岡市の膝痛 予約②

平日10:00~20:00 日曜日10:00~17:00
定休日 木曜日(※他セミナー参加する日)



福岡市早良区膝痛専科

こんにちは。『あきら膝痛整体院』院長の二川(ふたがわ)です。

私は、柔道整復師(国家資格)として豊富な技術と膝痛に関して長年の施術経験があります。あきら整体院には、ご紹介や口コミを聞いて、変形性膝関節症の痛みの改善を望む方が、色々な治療院を巡り巡って福岡市外や県外からも多くご来院されております。

あきら膝痛整体院

◆営業時間: 10時~20時
◆定休日: 木曜日
◆最寄駅: 地下鉄空港線 西新駅
・出口より徒歩1分

ホーム
施術料金
最寄り駅からの道順
患者さんより喜びの声
初めての方へ
施術の流れ

現在、平日の夕方や週末のご予約が混みあい、ご迷惑をお掛けしております。新規の方は、お早めのご予約がオススメです。

(エレベーターあり。お子さんと一緒のご来院歓迎)


行き方・地図

変形性膝関節症専門の整体院

◆所在地:
814-0002 福岡市早良区西新4-6-26 竹本ビル3階

◆最寄駅:
【地下鉄でお越しの方】
「西新」駅 「藤崎」駅
・地下鉄空港線「西新」駅出口より徒歩1分
・地下鉄空港線「藤崎」駅出口より徒歩10分
→ 地下鉄からの行き方はこちらをご覧ください

【バスでお越しの方】
「西新パレス前」「西新4丁目」


あきら膝痛整体院地図

施術室

※地図内のプラリバ・イオン西新店は閉店いたしました。(現在工事中です)

福岡市早良区の変形性膝関節症専門整