ホーム>>半月板損傷

福岡市早良区西新のシンスプリント改善整体院

膝の痛みで整形外科へ行き、MRI検査の結果

『痛みの原因は半月板が損傷しているからだ!』
と診断された方も多いのではないでしょうか。

このページをご覧になっているあなたが、もし半月板損傷の手術を受けようか迷っているようでしたら、ちょっとお待ちください!

福岡市早良区西新半月板損傷

半月板損傷の改善とは、損傷した半月板を修復するという意味ではありません。手術をしなくても膝の痛みの改善ができる可能性があるという事です!

半月板損傷整体で早期改善!福岡市早良区 あきら整体院

あきら整体院では、半月板損傷と診断された方でも、

専門整体半月板損傷

[check] 『長年の痛みだから、きっとどこに行っても治らない!』

[check] 『半月板損傷の手術をしたが、膝の痛みがとれない』

[check] 『この半月板損傷の痛みを我慢するしかない!』

[check] 『もう満足にスポーツに打ち込めないかもしれない!』


など、半月板損傷は整体では良くならないと諦めてはいけません。

あきら整体院は、膝の痛みを専門とする整体院です!病院で半月板損傷と診断された患者さまが毎月多く来院されます。

半月板損傷の痛み、ぜひ私たちにお任せ下さい!

※ただし半月板の損傷が大きい場合や何度もロッキングをくり返す重度の半月板損傷は、当院では施術ができない場合もございますので、一度ご相談ください。

半月板とは?

半月板損傷

【半月板】
大腿骨(ふとももの骨)と 脛骨(すねの骨)の間にあるC字型をした軟骨様の板で、外側と内側の2枚がセットになっています。2つの半月板は形が異なり、内側の方が大きく外側は小さくなっています。半月板の成分は70%以上が水分で、残りは主にコラーゲンです。

辺縁部30%を除いては血行に乏しく、内縁を損傷してしまうと自然に再生することが難しい組織です。

膝の屈伸に応じて半月板も動き、内側半月板が6mm程度、外側半月板は12mm程度、前後に移動します。

【半月板の役割】
半月板が膝関節のクッションとなり、大腿骨と脛骨の間に加わる体重の負荷を分散(膝関節に加わる荷重のうち50~70%が半月板を介して伝達されている)させ、関節の位置を安定させてくれているのです。

半月板には、フラットな脛骨の辺縁と球状の大腿骨顆部を適合させるソケットの役割がある。半月板を失うと、関節軟骨にかかる負担が大きくなり、早期に変形性膝関節症などになってしまいます。

半月板がない場合の負担

【負荷の分散】
半月板を取り除くと大腿骨と脛骨の接触面積が1/3~1/2に減少するため、圧力が
2~3倍に増え、膝へのストレスが強くなる。

【衝撃吸収】
半月板を取り除くと衝撃吸収能力は20%減少し膝への負担が大きくなる。

半月板損傷感想


半月板の正常な動き

半月板の正常な動き

半月板 曲げ伸ばし横から見た図

半月板 曲げ伸ばし上から見た図

膝関節の屈曲運動時は、屈曲するほど内側半月板と外側半月板がそれぞれ後方へ向かって移動します。

膝関節を伸展運動時は、伸展するほど内側半月板と外側半月板がそれぞれ前方に向かって移動します。

下腿の内旋

膝関節の内旋運動時は、 内側半月板は前方(赤矢印)に移動します。外側半月板は、後方(青矢印)へ移動します。

下腿の外旋

膝関節の外旋運動時は、 内側半月板は後方(青矢印)に移動します。外側半月板は、前方(赤矢印)へ移動します。


なぜ半月板が損傷するのでしょうか?

  • 急激な動きや無理な体制をとって膝を酷使したり、強く打ちつけた時に、吸収しきれないほどの負荷がかかることで、半月板が傷ついたり断裂してしまいます。
  • たとえば、サッカーやバスケットボールなどのスポーツでは、膝より下を固定した状態でねじる動作を繰り返すことで半月板を損傷させてしまうこともあります。

なぜ半月板が損傷するのか?

  • 若い人に多く、スポーツのプレイ中の外傷によるものがほとんどですが、加齢や脚の筋力の低下によって半月板に負荷がかかり、疲労の蓄積で損傷する場合もあります。
  • 日常生活で脚を組んだり・横座りをしたりと身体を歪めた姿勢を続けると、半月板の動きに異常があらわれます。その結果、繰り返し膝関節に負担がかかり、半月板は少しずつ摩耗し擦り切れていきます。

<半月板損傷の例>

福岡 半月板損傷 断裂種類

半月板損傷 膝が捻じれる姿勢

歪んだ身体、膝に負担のかかる間違った姿勢、疲労が溜まりやすい生活習慣などをリセットし、正常な半月板の動きを取り戻さなければ、遅かれ早かれ痛い思いをすることになります。当院では、生活で気を付けなければいけないことなどのアドバイスにも力をいれております。

半月板に負担をかけてきた癖・動きを見直すことで痛みは減少・もしくは消失し、関節の動きもスムーズになります。

半月板損傷は整体の施術で楽になる

※ただし半月板の損傷が大きい場合や何度もロッキングをくり返す重度の半月板損傷は、当院では施術ができない場合もございますので、一度ご相談ください。


施術の料金や地図・アクセスについては ↓ をクリックください。

料金ページ

アクセスページ


なぜ、半月板が損傷していても膝の痛みが楽になるのか?

半月板損傷に関して、米国・ボストン医科大学のMartin Englund氏が行った大規模な調査研究があります。

福岡 半月板損傷



半月板自体は軟骨組織で、痛みを感じる神経も血管もほとんどとおっていません。※辺縁部30%には血管や神経がとおっております。

ゆえに多くの半月板損傷において半月板損傷していることと、膝に痛みがあるということは必ずしも関係がありません。

手術で痛みは改善するのか?



半月板損傷の手術

手術で半月板を切除したり縫合することで、一時的に痛みがおさまるかもしれませんが、半月板は血管分布が乏しく、縫合してもくっつかないままの状態が多くあります。

そして、半月板は、一度損傷すると再生することが難しいと現在の医学では言われています。半月板を切除すると衝撃を吸収する力が弱まるため、膝への負担が大きくなります。

手術後におけるリスク

半月板縫合
①再断裂の可能性がある。 
②スポーツ復帰に時間がかかる。

半月板切除
①変形性関節症が進行する可能性がある。 
②筋力・スポーツの能力の低下

半月板損傷の施術

半月板が損傷してしまうほどの捻じれや負荷が生じたことが問題であり、手術を行ったとしても、痛みがとれるとは限りません。もともとの原因である筋肉や筋膜、腱の硬さを放っておけば、日常生活やスポーツをしていく中でまた同じような膝のゆがみや捻れが生じ、痛みを繰り返すことになります。

実際に当院にも手術を行ったけれども痛みが全く変わらなかったというお悩みでご来院される方がいらっしゃいます。

膝の痛みを軽減させていくためには

『身体の歪みによる膝関節への負担増加、その周りにある関節包や滑膜、硬くなってしまった膝関節周辺の筋肉や筋膜、腱の緊張。』

の改善が必要なのです。

当院からのお約束

施術料金について

半月板特別価格

なぜ初回特典があるのか?


予約方法①

多くの膝痛を回復


膝痛整体院 予約方法②

平日10:00~20:00 日曜日10:00~17:00
定休日 木曜日(※他セミナー参加する日)



ご来院をご遠慮ください

半月板の損傷が大きい場合や何度もロッキングをくり返す重度の半月板損傷などは、当院では施術ができない場合もございます。半月板損傷は、一度の整体で改善させることはできません。短い期間に、改善までに要する5回~10回の施術を受ける時間を作れる方にはおススメです。

その場しのぎの気持ちの良い施術ではなく

本気で半月板損傷を改善していきたい方はぜひお越し下さい!

あきら整体院は、本気で症状改善を望むあなたがさがし求めていた整体院です。

症例ページ

福岡市の膝痛お任せください

あきら膝痛整体院

◆営業時間: 10時~20時
◆定休日: 木曜日
◆最寄駅: 地下鉄空港線 西新駅
・出口より徒歩1分

ホーム
施術料金
最寄り駅からの道順
患者さんより喜びの声
初めての方へ
施術の流れ

現在、平日の夕方や週末のご予約が混みあい、ご迷惑をお掛けしております。新規の方は、お早めのご予約がオススメです。

(エレベーターあり。お子さんと一緒のご来院歓迎)

行き方・地図

画像の説明

◆所在地:
814-0002 福岡市早良区西新4-6-26 竹本ビル3階

◆最寄駅:
【地下鉄でお越しの方】
「西新」駅 「藤崎」駅
・地下鉄空港線「西新」駅出口より徒歩1分
・地下鉄空港線「藤崎」駅出口より徒歩10分
→ 地下鉄からの行き方はこちらをご覧ください

【バスでお越しの方】
「西新パレス前」「西新4丁目」


あきら整体院地図

施術室

※地図内のプラリバ・イオン西新店は閉店いたしました。(現在工事中です)

福岡市早良区の半月板損傷専門整体院